よくある質問は?

しばらくの間、私はこのウェブサイトに私のワークフローに特化したセクションを設けようと考えていた。なぜなら、多くの人が何をしているのか、どのように写真を撮っているのか、どのようにレタッチをしているのか、どのような機材を使っているのか、などと長年にわたって尋ねてきたからだ。そんな時、Studio Pandan。彼らは彼らのFAQから全体のプレゼンテーションを作ったが、それは素晴らしいアイデアのように思えた。私は時間をかけてより多くの質問と回答を追加していきます。今のところ、始めましょう...

雇用されているのか、フリーランスとして働いているのか。

2013年、私はフリーランスをベースにして、フルタイムのフォトグラファーとレタッチャーとして働くことを決意しました。これは趣味ではありません。仕事です。そして、毎日やらせてもらっていることが本当に好きです。

カメラマンは本職ではありません。

写真撮影?簡単だよ。ボタンを押すだけ。これは私が何の仕事をしているのかを知った時のいつもの反応です。

アナログフィルム写真に興味はありますか?

そうですね、部分的には。自分でアナログフィルムを撮って現像していましたが、今は100%デジタルにこだわっています。とはいえ、たまにポラロイドをいじることもあります。でも、これはあくまでも趣味です。

写真を操作したり、レタッチしたりしていますか?

はい、そうですね。

なぜPhotoshopを使うのか?

人には誰でも見る癖があります。また、対面で見るのと写真で見るのとでは全然違いますよね。認識が全く違います。より多くの詳細を見て、キズ、シミ、シミ、シミ、シワ、濃い目の下の目などにもっと注意を払うようになります。さらに、カメラは現実世界の独自の解釈を与えますが、それはほとんどの場合、あなたが期待している結果ではなく、また、より重要なことに、あなたが受け入れる結果ではありません。レタッチはこれを修正するのに役立ちます。

長い話をすると、私は知覚と現実を一致させます。

タイポグラフィのシーンでも、写真をたくさん撮っているようですね。そうなんでしょうか?

視点にもよると思います。現場の中からは、書体デザイナーやスタジオなどの写真を撮っているようにしか見えないかもしれません。私にとっては、それはほんの一部の時間に過ぎません。そして、私はモノタイプ社に雇われているわけではない。モノタイプは他の多くのクライアントと同じようなものだ。私は本当にすべてのタイプのものが好きなだけです。

Do I find your photographs in the wild?

Yes, you certainly do. Besides the client work you may find some photos on several websites like WELT, Havard Business Review, Neue Osnabrücker Zeitung, Wired Italy, Berliner Morgenpost, Time, Women’s Health, NBC Los Angeles, Deutschlandfunk Kultur, Engadget, Encyclopædia Britannica, and many more.